平成26年度第2回スマートシティ京都研究会を開催しました。

 京都市では,平成22年12月に,「スマートシティ京都研究会」(座長:西川禕一(にしかわよしかず) 公益財団法人応用科学研究所理事長)を設立し,情報通信技術(ICT)を活用して,エネルギーの最適化をはじめ地域の抱える諸課題を解決する京都ならではの「スマートシティ※」の構築に向けた方向性や具体的な取組について検討を行っています。
 お陰様を持ちまして、今年度の第2回研究会を3月24日に開催しましたのでご報告します。

・平成26年度第2回スマートシティ京都研究会資料.pdf

※スマートシティ
ICT(情報通信技術)を活用して,再生可能エネルギーの地産地消を推進し,省エネ活動を促進するとともに,交通システムの最適化やライフスタイルの転換までも目指す社会。